神東塗料(株)の不適切行為による日本水道協会品質認証の取得事案について

神東塗料(株)の不適切行為による日本水道協会品質認証の取得事案について(第一報)(2022.1.11)
公益社団法人日本水道協会 品質認証センター

神東塗料(株)から下記について当協会に報告がありました。
現在、当該会社に対し、更なる情報提供を求めるとともに、同社並びに当該認証品の取り扱いについて、品質認証関連規定などに基づき検討中です。
報告内容の概要は下記のとおりであり、不適切行為の対象であるJWWA規格認証塗料について、出荷及び認証マーク等の使用停止を検討中です。
今後、新たな関連情報については、順次、当協会ホームページ「日本水道協会HOME」並びに「品質認証センター」で発信いたします。



【神東塗料(株)からの報告概要】
1.不適切行為の内容
 @ JWWA規格認証取得時に、同規格で規定されている試験条件と異なる条件で得られた試験結果により認証を取得した。
 A JWWA規格認証品の中に指定外原料が使用されているものがある。
 ことが社内の初期調査で確認され、事実関係の詳細等については、同社で現在調査中

2.不適切行為の対象であるJWWA規格認証品塗料
JWWA K139(水道用ダクタイル鋳鉄管合成樹脂塗料)
型式については現在調査中

3.神東塗料(株)としてのこれまでの対応等
・2022年1月初めに、当該不適切行為の対象製品の出荷先及びユーザーである水道管メーカーに対し状況説明を行い、以下の点を通知しました。
 @ 同社は対象製品の出荷を一時的に停止したこと
 A 出荷先で在庫として保管している対象製品について使用しないでいただきたいこと
 B 対象製品を使用して製造されたお客様の製品についても出荷を停止していただきたいこと
・出荷停止した製品の安全性に関する評価等は、調査中です。

以上


担当:公益社団法人 日本水道協会                
品質認証センター品質管理課  山形 TEL 03-3264-2736
大阪支所品質管理課      豊島 TEL 06-4399-5100