公益社団法人 日本水道協会
お問い合わせ・案内図 更新履歴 サイトマップ
English
文字サイズ変更 文字サイズ 小 文字サイズ 大
日本水道協会について
事業紹介
各種報告書・Q&A
出版物のご案内
研修会・講習会のご案内
行事・会議予定
水道資料室
水道リンク集
Topics
入会のご案内
Home
 
 
Topics
 
Topics
 
トピックス一覧に戻る
 
平成29年度全国会議(水道研究発表会)における熊本地震部門の発表論文について(2017.12.5)
 
 平成29年度全国会議(水道研究発表会)では、平成28年4月の熊本地震の教訓を共有してさらなる災害対応力の強化に向けたきっかけとなることを目的に、特別企画として「熊本地震部門」を設けました。
 本部門では、被災地を代表して永目熊本市上下水道事業管理者に基調講演をお願いするとともに、熊本地震に関連した活動、熊本地震から得られた経験や、それを通して検討された災害対策の取組み等を紹介した29編の貴重な教訓が発表されました。
 つきましては、「平成29年度全国会議(水道研究発表会)講演集」に掲載されている29編の発表論文について、より多くの会員の皆さまに情報提供することが「災害対応力強化」という部門創設の所期の目的に通ずると考え、発表者のご協力を得た上で、以下のとおり掲載します。
 なお、掲載されている発表論文は、上記講演集への掲載時点のものであり、実際の水道研究発表会で発表された内容と異なる場合もございますので、その点は予めご了承ください。(ホームページ掲載の関係上、「旧字体」の漢字は「新字体」で表記しています)


平成29年度全国会議(水道研究発表会)熊本地震部門 発表論文一覧
発表番号論文タイトル発表者所属発表者名
10-1熊本地震における水道水水質管理熊本市上下水道局山元 健資
10-2支援活動の経験から得たもの豊橋市上下水道局後藤 佳充
10-3熊本地震における水道技能スペシャリストの復旧支援活動川崎市上下水道局今泉 賢一
10-4熊本地震 応援給水の教訓と対策鹿児島市水道局福永 修三
10-5摂取制限を伴う給水継続による災害時の水質リスク管理−2016年熊本地震での事例による−名古屋大学平山 修久
10-6アンケート調査による平成28年熊本地震の応援給水活動の実態把握と課題の抽出国立保健医療科学院下ヶ橋 雅樹
10-7熊本地震における支援活動久留米市企業局阿久根 孝治
10-8震災時のSNS(ツイッター)等による情報収集を応急復旧の迅速化に繋げる新たな仕組みの構築東京都水道局齊藤 慎太郎
10-9熊本地震に伴う給水活動で得た教訓京都市上下水道局田井中 蓮
10-10他都市応援受入れマニュアルの策定−円滑な受入れと迅速な災害対応を目指して−名古屋市上下水道局小澤 亮輔
10-11平成28年熊本地震における被害状況と日本水道協会の対応日本水道協会渡部 英
10-12熊本地震における新潟市の支援活動新潟市水道局林 達典
10-13平成28年熊本地震の教訓を踏まえた日本水道協会関東地方支部の取組横浜市水道局鈴木 円花
10-14熊本地震支援から見えた課題−福岡市水道局の支援、受援体制−福岡市水道局西小路 晃
10-15応急給水支援の受け入れを取り入れた災害対策訓練神奈川県企業庁中條 佑子
10-16首都直下地震時の大規模な応援隊の受入を想定した総合的な受援実動訓練の実施東京都水道局小川 公介
10-17被災事業体の応援要請に関するコーディネーター的な役割を担う、地方支部を越えた新たな連携関係を構築東京都水道局保永 政幸
10-18いつ、どこで発災しても、迅速かつ円滑に応援隊を派遣する仕組み 「東京水道災害救援隊(Tokyowater Rescue)」の創設東京都水道局武井 明彦
10-19札幌市における熊本地震の応援活動後の取組み札幌市水道局上田 健太郎
10-20平成28年熊本地震で把握した課題への対応(T)横浜市水道局河原 和彦
10-21平成28年熊本地震で把握した課題への対応(U)横浜市水道局山崎 悟
10-22熊本地震における課題と教訓熊本市上下水道局坂口 潔
10-23益城町における横浜市水道局の支援横浜市水道局武村 盛史
10-24熊本地震における貯水槽水道の活用調査福岡大学大学院柳橋 泰生
10-25平成28年熊本地震による水道施設被害報告熊本市上下水道局林 建成
10-26平成28年熊本地震における井戸復旧報告及び井戸補修の施工事例熊本市上下水道局上元 亮太
10-27熊本地震における水道鋼管の被害分析ならびに今後の減災に向けた提言日本水道鋼管協会薮口 貴啓
10-28液状化による配水管路被害予測法の熊本地震への適用と検証神戸大学大学院竹内 一朗
10-29長周期地震動による受水槽スロッシングと配水の異常現象岡山市水道局岡田 啓典


 
     
 
     
  このページの先頭へ戻る  
 
 
Copyright