本協会調査事例(概要紹介)

水道広域化・広域連携先行事例

 ※リンクをクリックすると事例のPDFをダウンロードできます。

事例区分 事例名称 都道府県 概要 統合時期等
事業統合① 中空知広域水道企業団 北海道 中空知広域水道企業が用水供給を行っていた滝川市、砂川市、歌志内市に奈井江町を加えた3市1町での垂直水平事業統合事例 平成18年4月
事業統合② 東部地域広域水道企業団 山梨県 大月市・上野原市の水道事業統合事例 平成18年4月
事業統合③ 淡路広域水道企業団 兵庫県 淡路島における用水供給事業と淡路島内水道事業(受水団体)の垂直・水平事業統合事例 平成22年4月
事業統合④ 岩手中部水道企業団 岩手県 岩手中部広域水道用企業団(水道用水供給事業)と受水団体2市1町(北上市・花巻市、紫波町)の垂直水平事業統合事例 平成26年4月
事業統合⑤ 群馬東部広域水道企業団
(事業運営及び拡張工事等包括事業)
群馬県 群馬東部地域3市5町(太田市、館林市、みどり市、板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町)の水平事業統合及び第3セクター(公共出資会社)設立活用事例 平成28年4月
事業統合⑥ 秩父地域の水道広域化 埼玉県 「ちちぶ定住自立圏形成協定」を締結した、秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町での水平事業統合事例 平成28年4月
事業統合⑦ 君津地域の水道広域化 千葉県 君津広域水道企業団(水道用水供給事業)と木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市の四市の水道事業を垂直水平統合。平成29年10月30日に四市、君津広域水道企業団及び県で「君津地域水道事業の統合広域化に関する基本協定」締結 統合準備中
事業統合⑧ 宇部市・山陽小野田市の水道広域化 山口県 宇部市・山陽小野田市の水道事業統合検討事例 平成28年4月
事業統合⑨~⑪
広域連携①
北九州市を核とした、広域連携 福岡県 北九州市と芦屋町の事業統合 平成19年10月
福岡県 北九州市と水巻町の事業統合 平成24年2月
福岡県 宗像地区(宗像市及び福津市水道事業)での垂直事業統合及び北九州市との広域連携(官-官第三者委託)事例 平成22年4月
福岡県 北九州市による行政区域外(苅田町、宗像地区)への給水を通じた広域連携事例 平成20年3月
平成23年4月
平成28年4月
事業統合⑫ 大阪広域水道企業団 大阪府 大阪広域水道企業団(水道用水供給事業)と受水団体(四条畷市、太子町、千早赤阪村)との垂直事業統合事例 平成29年4月
事業統合⑬
(公民連携①)
会津若松市における事業統合と公民連携事例 福島県 会津若松市水道事業における水平事業統合(河東町、湯川村、北会津村)と第三者委託(DBO)事例   事業統合:平成29年~30年度
広域連携② 沖縄県内における水道事業の広域連携検討事例 沖縄県 沖縄県(水道用水供給事業)と県内受水団体との広域連携検討事例 平成26年度~
広域連携③ 宮城県における上水・工水・下水道一体型管理運営検討事例 宮城県 宮城県における上下水道事業(上水・工水・下水道一体型管理運営)の広域連携検討事例 平成27年度~
広域連携④ 神奈川県内水道事業での広域連携検討事例 神奈川県 神奈川県内水道事業検討委員会(神奈川県内広域水道企業団(用水供給))、神奈川県企業庁(19市町へ末端給水等)、横浜市、川崎市、横須賀市)での広域連携検討事例 平成20年度~
広域連携⑤ 北奥羽地区水道協議における広域連携事例 岩手県
青森県
北奥羽地区水道協議会(八戸圏域水道企業団(7市町へ末端給水)、青森県内11市町村、岩手県内9市町村)における広域連携事例 平成20年度~
広域連携⑥ 奈良県における水道運営での広域連携検討事例 奈良県 自然的条件などの特性により3エリア(県営水道エリア、五條・吉野エリア、簡易水道エリア)に区分し、県内の水道運営の広域的連携について平成26~28年度に検討 平成26~28年度

(平成29年度本協会調べ(公表資料・水道統計等より))