よくあるご質問

配水管工技能講習会

  • Q1当年度の受講のご案内が欲しいのですが。

    配水管工技能講習会のご案内については、この HP よりダウンロードしていただけます。また、各水道事業体・全国管工事業協同組合所属の組合へ配布してありますので、そちらで入手することができます。

  • Q2申し込み用紙の部数が足りません。

    コピーして使用してください。 A4サイズであれば用紙は問いません。

  • Q3会社でまとめて申し込んでもいいですか?

    申込用紙を同じ封筒で送って頂くのは、構いません。但し、事務局から送付する「決定通知書」等は申込み時に選択した送付先住所にお送りします。
    なお、1回の講習会において、会社等が同じ方は4名までしか受講できませんのでご注意ください。

  • Q4技能者登録をすると、何かメリットがあるのですか?

    全国標準の技能が身についていることを証明するもので、水道事業体が工事を発注する際に特記仕様書等に記載しているところもあります。(この制度の採用については、当該水道事業体へ直接ご確認下さい。)

  • Q5講習会の残席はありますか?

    この HP の各講習会申込ページに残席状況を公表していますので、ご参照下さい。

  • Q6配水管技能者名簿にあるはずの名前がないのですが?

    講習会修了者に関しては、修了後数週間以内に更新しております。1ヶ月経っても記載のない場合は事務局までお問い合わせください。

  • Q7登録証(カード)・修了証書を紛失してしまいました。

    【登録証(カード)】登録証は再発行が可能で こちらに申請用紙があります。
    ダウンロードして 所定の用紙に必要事項を記入いただき、事務手数料をお振り込みいただいてから、 FAX のご返送をお願いいたします。なお、期限切れの方は再発行ではなく更新のお手続きが必要となりますので、登録状況をご確認の上、申請をお願いいたします。
    【修了証書】修了証書は再発行はできませんが、修了証明書は発行できます。
    詳細については事務局まで連絡ください(03-3264-2496)。

  • Q8申請した時から住所が変わりました。

    各種変更」ページに各種変更届の様式がございます。登録番号、名前、旧住所・新住所、連絡先電話番号を記入し、事務局までご連絡ください。

  • Q9講習会Ⅰ・Ⅱと登録の差が分かりません。

    Ⅰは3日間の耐震管講習会で、Ⅱは1日間の耐震管講習会です。
    ただし、 Ⅱは平成16年度受付分をもって終了しました。
    耐震登録はすでに2日以上の耐震管講習会を受けている方が書類審査で技能者に登録する制度です。一般登録については登録制度のみとなります。

  • Q10登録証の有効期限はあるのですか?

    耐震継手登録証と大口径登録証は5年で更新となります。一般登録に有効期限はありません。

技能者登録について

  • Q1登録のご案内が欲しいのですが。

    配水管工技能者登録のご案内については、こちらよりダウンロードしていただけます。

  • Q2登録の方法がわかりません。どこに訊けば良いですか?

    日本水道協会 配水管工技能講習会事務局までメールまたは電話でお問い合せください。
    E-mail:haikan@jwwa.or.jp
    TEL:03-3264-2496

  • Q3会社でまとめて申し込んでもいいですか?

    申請用紙・申込用紙を同じ封筒で送って頂くのは、構いません。

  • Q4 技能者登録をすると、何かメリットがあるのですか?

    全国標準の技能が身についていることを証明するもので、水道事業体が工事を発注する際に特記仕様書等に記載しているところもあります。(この制度の採用については、当該水道事業体へ直接ご確認下さい。)

  • Q5登録するには、いつまでに申請しなければいけないのですか?

    登録申請自体に締め切りは特にありません。

  • Q6「登録」に試験などはありますか?

    試験は特にありませんが、登録申請の際、ご提出いただく申請書において書類審査を行います。

  • Q7 過去に国などで主催した試験や資格では一般登録はできませんか?

    これまで事業体で配水管工事を認める要件として使われており、その事業体の確認印を受けることができれば可能です。(給水管の資格では登録できませんので、よくご確認下さい。)

  • Q8メーカー主催の講習会では登録申請できませんか?

    【一般登録の場合】
    平成16年度から、メーカー主催の技能講習会も審査の対象となりました。必ず技能講習会の修了証書を添付して申請してください。
    【耐震登録の場合】
    規定の登録要件を満たしている場合には、登録を受付けております。

    ★耐震登録要件
    水道事業体等が主催した、NS形、SⅡ形等耐震継手管の技能講習会を延べ2日間以上受講し平成15年3月31日までに修了した方

  • Q9給水装置技術振興財団の配管講習会とは違うのですか?

    財団の講習会は、主に給水管の接合講習会で、日水協は配水管の接合講習会です。(*北海道開催で配水管のオプション(ダクタイル鋳鉄配管コース)を受けた人は一般登録可能です。)

  • Q10給水管と配水管を一緒に受講していたが登録できますか?

    講習内容にダクタイル鋳鉄管の接合講習が含まれていれば一般登録は可能です。耐震管の内容が含まれていたら詳細な内容が必要ですので調べて、登録要件に合うか確認してください。

  • Q11登録証の有効期限はあるのですか?

    耐震継手登録証と大口径登録証は5年で更新となります。一般登録に有効期限はありません。

  • Q12 NS 形の1日間の講習会を受けているのですが、耐震登録はできますか?

    他に耐震管接合についての講習会を他にもう 1日受けていれば、合計2日間になるので登録は可能です。ただし、平成15年3月31日までに修了している方に限ります。そうでない場合には、配水管工技能講習会Ⅰを受けていただく必要があります。

  • Q13NS 形だけの講習会を2日間受けましたが、登録できますか?

    「耐震管の講習会」を「2日間以上」受けられているので、登録できます。(ただし、平成15年3月31日までに修了している方に限ります。)

  • Q14自分が受けた講習会を主催した事業体が日水協の会員でないので、この登録のことを知らない。したがって、確認を受けられないのですが?

    確認を受けられなければ登録できません。本登録制度については、ご希望があれば事務局からその事業体へご説明します。

  • Q15登録証がまだ届かないのですが?

    申請を受付してから審査を行い、決定通知をお送りするまで約2週間程度、その後決定通知記載の入金締め切り日より約1ヶ月のお時間をいただいております。

  • Q16配水管技能者名簿にあるはずの名前がないのですが?

    登録証到着後、1ヶ月経っても記載の無い場合は、事務局までお問い合わせください。

  • Q17大口径の登録制度は無いのですか?

    書類による登録は出来ません。配水管工技能講習会大口径管を修了した方のみ登録されます。

  • Q18登録証(カード)を紛失してしまいました。

    登録証は再発行が可能で こちらに申請用紙があります。
    ダウンロードして 所定の用紙に必要事項を記入いただき、事務手数料をお振り込みいただいてから、 FAX のご返送をお願いいたします。なお、期限切れの方は再発行ではなく更新のお手続きが必要となりますので、登録状況をご確認の上、申請をお願いいたします。

  • Q19申請した時から住所が変わりました。

    各種変更」ページに各種変更届の様式がございます。登録番号、名前、旧住所・新住所、連絡先電話番号を記入し、事務局までご連絡ください。

技能者更新について

  • Q1更新のご案内が欲しいのですが。

    配水管工技能者更新の申請用紙は、こちらよりダウンロードしていただけます。

  • Q2更新の方法がわかりません。どこに訊けば良いですか?

    東京水道サービス㈱(日本水道協会 配水管工技能講習会事務局)までお電話ください。
    03-3721-5166です。

  • Q3更新期限が近づいたら、何か書類が届きますか。

    事務局よりお知らせのハガキを発送しております。もし届かない場合は、配水管技能者更新申請ページより申請くださいますようお願いいたします。

  • Q4期限が切れても更新できますか。

    期限が切れてても更新できます。配水管技能者更新申請ページにて早めの申請をお願いいたします。